タマホーム 坪単価

無料でタマホームや各ハウスメーカーの費用総額表や間取りプランがもらえます♪

 

タマホームの坪単価はいくら?

タマホームの坪単価は、

 

 

 

40〜50万円 / 坪当たり

 

 

 

程度が目安と言われています。

 

 

 

ちなみに、タマホームで建てられた方の平均的な坪単価は、

 

 

 

40万円 / 坪あたり

 

 

 

となっていると言われています。

 

 

 

全国的ハウスメーカーの平均的な家の大きさは43.3坪と言われていますので、タマホームで平均的なサイズの家を建てようとすると、

 

 

 

約1800万円との計算になります。

 

 

 

但し、この金額は建物の本体のみですので、
これ以外にかかる、ローンや登記などにかかる諸経費、
外構・塀・車庫や照明、カーテン、空調機器などは含まれておりません。

 

これらの設備にも、400万円以上は必要になるかと思います。(安い物を買えばもう少し安く抑えられます。)

 

ですので、

 

2200万円

 

ぐらいの予算がないと、タマホームの平均的な家が建たないということにもなります。


タマホームの坪単価、実際は!?

タマホームは住宅を安く建ててくれるイメージが強い会社です。CMで、とてもアピールしているので、

 

 

 

誰もが楽に家を建てられると思いがちです。

 

 

 

タマホーム坪単価実際は25.8万円というローコストをアピールしていますが、実際にはこれだけで家は建ちません。

 

 

 

実際にはその坪単価実際25.8万円に外構の工事費用や屋外の電気配線、給排水の工事等そして、その他諸経費がかかります。

 

 

 

ですから、実際には坪単価はもっと上がると考えた方がいいです。

 

 

 

家を建てるのに外構などは別に考える人が多いのでそのあたりの事は大丈夫だとは思います。

 

 

 

それでも、他の住宅メーカーに比べたら安いです。

 

 

 

総額で比べたら断然安いです。

 

 

 

そして、安いからと言って、家のクオリティが低いということではありません。安心して住める住宅をたててくれます。

 

 

 

タマホームで建てたいと思う人は、CMでそう思う人が多いと思います。

 

 

 

そして、実際に話を聞いて、安いのは家だけで、他は別料金という現実の話を聞いて、迷う人が多いのが現実です。

 

 

 

でも、タマホームは注文住宅では破格の値段なのは事実です。

 

 

 

分譲中の家のようにプランがあり、プラン通りたてれば非常にお求めやすい家だと言えます。

タマホームの坪単価 30坪の場合

消費税増税前という事で、この時期に念願のマイホームを建てられる方も少なくないかと思います。

 

 

 

大手ハウスメーカや地元の工務店、知り合いの大工さんなどいろいろあり悩むところです。私的には大手ハウスメーカーで建てます。

 

 

 

組織自体がしっかりしていますし、建築後のアフターフォローも充実していると思います。

 

 

 

やはり住宅というものは、建ててからが重要だと思います。

 

 

 

最近では大手といえども結構お値打ちな金額で販売されています。

 

 

 

特にテレビコマーシャルや折込チラシでも有名なタマホームは、かなりリーズナブルだと思います。

 

 

 

特に人気なのが大安心の家。

 

 

 

今流行の太陽光発電搭載したり、柱ではヒノキ材の採用や断熱材の種類の豊富さ、

 

 

 

国内一流メーカーのオール電化やシステムキッチンなど主婦の方にも嬉しい設備が標準で付いてきます。

 

 

 

又、外壁材や床仕上げ材なども、標準仕様でも他に遜色のない良い建材を使っていると思います。

 

 

 

だいたい標準仕様で建てれば約40坪で諸経費込みで1800万円程度で建てれると思います。

 

 

 

少し小さめの30坪では1300万程度あれば可能となってきます。もちろんオプション等によっても変わってきますが。

 

 

 

どのメーカーも設備をグレードUPしていけばその分金額がかさむのは同じだと思います。後は工事担当者がしっかりしていれば問題ないと思います。

 

 

 

このページの一番下記に無料で間取りプランや支払い総額をだしてくれる注文住宅会社比較一括提案サイト タウンライフ家づくりがあります。

 

 

好きなハウスメーカーの間取りや支払総額がでますので、他のハウスメーカーやどんな間取りが良いかなど比べてみたい人に

 

 

 

おすすめです!もちろんすべて無料なので安心してくださいね(・∀・)b

タマホームの平屋の坪単価

平屋を建てるというのは、基本的にコストとしては割高になります。2階建てと比較すると、良くわかるかと思います。

 

 

平屋にすると、基本的には延床面積が小さくなることが多いといえます。そのため、平屋を建てた場合には、面積当たりの価格、つまり坪単価は高めになってくるといえるわけです。

 

 

色々なハウジングメーカーが、平屋のプランも提供しています。そのなかで、価格帯があまり高くないといえるタマホームの場合を見てみましょう。

 

 

だいたい3LDKから4LDKくらい、坪でいうと35坪くらいのスケールで考えてみましょう。こういった平屋を、タマホームで建てたとしたら、だいたい目安として、1300万円〜1800万円くらいというふうに言えると思います。

 

 

もちろん、1300万円というのは最低価格です。ここから、いろいろな仕様やオプションの追加によって値段があがってきます。マックスの1800万円を想定するというのは、これは太陽光発電などの最新設備までを搭載した平屋ということになります。

 

 

こういったことを考えると、タマホームの平屋のミニマムの坪単価の目安としては、30万円前後、という坪単価になると思われます。

 

 

これだと、安い戸建レベルの単価になります。しかし、これはあくまでも平屋ミニマムの単価です。そのため、付帯工事や諸費用を加えると、そこからさらに、価格も坪単価も増えていきます。

 

 

とくに、平屋に限らず、オプション等で価格がどんどんアップすることはタマホームの特徴であるというふうにも、口コミなどでいわれていたりします。そのため、こういった点は、単価を考える点でも気を付けてください。

 

 

ただ、平屋を好む方は年配の方に多く、こういった方は住宅ローンなどを組むのも、容易ではなかったりします。

 

 

なので、できるだけ、追加の費用を抑えるようにすることをおすすめします。タマホームで平屋を考えるのであれば、最初から、シンプルな平屋を作るつもりであることをつたえて、オプションを省くことによって、価格を抑える方がいいといえるでしょう。

タマホーム、大安心の家の坪単価

タマホームが出している家のプランの中で、大安心の家、というものがあります。

 

 

これは、メディアなどでも取り上げられているので、目にした方も多いと思います。これは、とても安いという事も話題になっていて、一番低価格で安い平屋だと、本体価格がなんと500万円台だということなのです。

 

 

こういった激安価格というのが、家にも出てくるというのは驚きでした。こんな低価格で家が買えるとなると、マイホームが夢ではなくなる人も多いでしょう。

 

 

ただ、実際に払う金額については、この500万円程度では済まないというのが、現実です。これはタマホームに限ったことではありませんが、タマホームが掲載している価格や坪単価に、さらにプラスされてきますので、その価格も含めて、タマホームの大安心の家の単価は、考えてみるべきだといえるでしょう。

 

 

「大安心の家5シリーズ」の価格ですが、先ほどの安い建物本体価格があったとして、でも実際にはしかしこの価格で家が建つのではありません。

 

 

ここから加わってくる費用があるのです。それは、オプション費用、だったり、付帯工事費、さらには基礎となる設計料、そして、諸々の諸費用、あとは、最後に出てくる産廃処理費用などがあるわけです。こういったものが、本体価格に加えて、必要となってきます。

 

 

こういったものを足していくと、最終的に家を建てた時の価格は、900万円を超えたくらいの金額になってきます。ただ、この金額も、けして馬鹿のように高いわけではありません。他のハウジングメーカーと比べて、やはりまだ安いというのは事実でしょう。

 

 

ただ、最終的に支払う金額が、最初の金額と比較すると倍近くになってくるということは、気を付けておくべきでしょう。

 

 

坪あたりの単価でみてみると、大体の目安として、大安心の家の最も安い平屋の坪単価は、概算で、で26万円程度になります。これは、本当に破格だといっていいでしょう。

 

 

ただ、ここに、先ほどの諸費用などを全部たしていくと、違ってきます。

タマホームの坪単価の値上げについて

5%から8%へ消費税の値上げ前には、増税するまでにと駆け込みで新築住宅の契約が急増しましたが、各ハウスメーカーでは度々坪単価の値上げが行われており、坪単価の値上げ前に契約する方が多いです。

 

 

 

以前から、『タマホーム 坪単価 値上げ』といったキーワードの検索数が増えていますが、実際にタマホームでは坪単価が値上げされています。

 

 

 

タマホームと言えば、低価格帯での家造りに定評がありますが、坪単価はどれぐらい値上げされたのでしょうか。

 

 

 

調べてみると、タマホームでは消費税増税の影響により坪単価を2万円ほど値上げしていたようです。

 

 

 

坪当たり2万円の値上げですから、仮に40坪の家を建てるとしたら値上げ後は80万円ほど高くなるということです。

 

 

 

しかし、タマホームでは坪単価の値上げ後に再び値下げされています。

 

 

 

タマホームの主力商品である“大安心の家”シリーズに関して、長期優良住宅対応、最長60年保証、充実の標準設備、頑強な構造などの商品仕様はそのままで値下げが行われているから驚きです。

 

 

 

ちなみに坪当たり1万円の値引きが行われ、本体工事価格が坪単価25.8万円(税抜)から坪単価24.8万円(税抜)になっています。

 

 

 

タマホームでは坪単価が値上げされたと思えば、その後値下げされることもあるようですから、タマホームで検討されている方は情報収集は欠かせませんね。

 

 

 

 

また中には、タマホームの営業マンから「来月から坪当たり3万円くらいの値上げをします…。」と言われ、まだ迷いはあったものの焦って契約されてしまう方もおられるようです…。

 

 

 

 

この方は実際にその直後に坪単価の値上げがあったそうですが、納得された上で契約をしないと後から後悔だらけになってしまいますので注意して下さい…。

タマホームの値引きは可能なのか?

人生の一番高い買い物と言っても間違いないマイホームの購入。

 

 

可能であれば、少しでも値引きしてもらえると嬉しいですね。

 

 

タマホームに、もう購入を決めている方、複数で迷っている方、

 

 

まだどこにも決めていない方とおられると思いますが、

 

 

値引きのポイントは、複数のハウスメーカーや工務店に資料請求をする事です。

 

 

他のハウスメーカーの金額を知らないまま、1社に絞ると値引き交渉が進めにくくなります。

 

 

 

下記の「注文住宅会社比較一括提案サイト タウンライフ家づくり」では、一度の入力(3分程度)でお住まいの地域の工務店やハウスメーカーの資料請求が、

 

 

無料で可能となっています。各ハウスメーカーや工務店の間取りプランや費用なども、

 

 

全て無料でもらえますので、かなりオススメできます♪

 

 

1社だけではなく、いろんなハウスメーカーの間取りを参考にできますので、後悔しない家づくりが確実にできますよ。

 

 

また、いろんな会社の間取りを参考にできますので、失敗しない間取りづくりができますよ。

 

 

このサイトを使ないで家を建ててしまうと損しちゃいますよ。。それぐらい参考になりますので是非(*^_^*)